堀江貴文氏のYouTubeチャンネルより

ホリエモン擁立、議員辞職…N国立花「政治ハッキング」のヤバい目的

自走を始める「反・既得権コミュニティ」
シェア ツイート ブックマーク

事態は急展開

10月8日昼、NHKから国民を守る党(以下N国党)党首の立花孝志氏は「国会議員辞めます」と題した動画を自身のYouTubeチャンネルに投稿した。立花氏は同日夕方に会見を開き、7月に当選したばかりの参議院議員を辞職すること、10日告示・27日投開票の参議院埼玉県補欠選挙に出馬することを表明した。

また1日には、実業家のホリエモンこと堀江貴文氏がN国党の「公認候補者」に決定したとの報せもネット上を駆け巡った。やはり発信元は、立花氏の投稿した動画だ。早速テレビ局が堀江氏に出馬の意向を問い質したが、「分からない。現時点では断言はできない」という趣旨のコメントが返ってきた。

 

筆者はこれまでも、N国党の特異性と、立花氏が起こした「社会現象」の背景を分析してきた。しかし今回の一連の動きで、同党を取り巻く情勢は一変し、事態は早くも「新たなフェーズ」へと移行するかもしれない。それは一言で言えば、N国党のスタンスがより鮮明になり、「戦線」が拡大するということである。

最初に具体的なポイントをまとめると、以下の対立軸が進行する未来図が予想される。

・マスコミを中心とするオールドメディア発の情報に依存する人々と、「当事者」による直接発信を含むインターネットメディア発の情報に依存する人々との間で、「情報の非対称性」に基づく分断と戦いが深刻化する

・NHKに象徴される既得権益層に加えて、オールドメディアと関係の深い検察、警察、国税なども本格的に彼らのターゲットとなり、N国党と「国家権力」との緊張が強まる

N国党に関しては、選挙直後の狂騒が落ちつき、9月以降は報道機関も再び「黙殺」する状況になっていた。10月2日に関係者の談話として、離党議員に対する脅迫容疑で立花氏が書類送検されたことが報じられたくらいだ(これ自体が検察や警察のリークの可能性がある、と立花氏は批判している)。

つまり、刑事事件のような公的機関の発表ベースでしか取り上げなくなっているのである。新聞もYouTube上での発言を切り取った「揚げ足取り」的な攻撃に終始しており、これが「ソース」である立花氏のYouTubeをウォッチしている視聴者や、N国党支持者の反発を呼んでいる。

記事をツイート 記事をシェア 記事をブックマーク
お知らせ
お問い合わせ
特定商取引法に基づく表記
現代ビジネス広告掲載について
マネー現代広告掲載について
コンテンツマーケティングについて
プライバシーポリシー
21edu オフィシャルウェブサイト