〔PHOTO〕gettyimages

中国政府が香港を吸収合併…「一国二制度」が終焉する日

だから香港市民は命懸けの戦いに出る
シェア ツイート ブックマーク

香港はどうなってしまうのか

10月5日、香港特別行政区政府はついに、行政長官に超法規的な権限を与える「緊急状況規則条例」を発動。これに基づき、議会の承認なしに、「覆面禁止法」を施行した。デモ参加者のマスク着用を禁じる法律だ。これによって、6日までに20人以上が逮捕されたと、香港紙は報じている。

香港はこの先、どうなってしまうのか? 私は、30年来の付き合いがある香港人に話を聞いた。彼は香港の資産家だが、6月9日に香港でデモが始まって以降、デモには直接、参加していないものの、若者たちを熱烈に支持している。

以下、香港人との一問一答である。

〔PHOTO〕gettyimages

1発の銃弾

――覆面禁止法の施行を、どう見ているか?

「まさに『天下の悪法』だ。わが故郷に、こんなものが発令されてしまったことが悲しい。おそらく、建国70周年記念式典に参加するため、北京を訪問していた林鄭月娥行政長官が、習近平主席から『もっと厳しく取り締まれ!』と喝(かつ)を入れられて、香港に戻るや、週末に再び大規模デモが起こる前にと、急遽定めたのだろう」

――それでも週末には、大規模デモが発生した。林鄭長官はすでに、緊急状況規則条例」を発動したが、次はどんな手段に出ることが見込まれるか?

「もはやルビコン川を渡ってしまった。次は夜間外出禁止令、その次はSNS禁止令と、禁止令をエスカレートさせていくだろう」

 

――先週はもう一つ、痛ましい事件が起こった。現地時間の10月1日午後4時10分頃、香港・新界地区にある荃湾(チュンワン)で、デモに参加していた18歳の青年が、警官に至近距離から実弾を撃たれて倒れた。

「私を病院に運んでくれ! 胸が痛いんだ! 病院へ送ってくれ! 私の名前は曽志健……」

青年は、最後の悲痛な叫びを上げると、路上で意識を失った。病院に運ばれて緊急手術を受けた結果、銃弾が心臓の脇3㎝を貫通していたことで、九死に一生を得た。

〔PHOTO〕gettyimages

この「1発の銃弾」は、華々しく湧き上がる「中国70周年の夢」を打ち砕いてしまった。世界におけるこの日のニュースは、北京で行われた「建国70周年記念式典」よりも、香港の事件の方がセンセーショナルに報じられたからだ。中国共産党幹部や人民解放軍1万5000人と軍事車両580台、航空機160機などを並べた記念式典は、欧米メディアに「血に染められた軍事パレード」などと報じられる始末だ。

だがそれでも、この青年は警官への暴行罪で起訴され、禁錮10年の刑が科せられるかもしれないと、香港メディアは報じている。この一件をどう見ているか?

「10月1日の夕刻、緊急ニュースが入ったとたん、涙が溢れてきた。あの事件で、完全に香港の流れが変わった。740万香港市民は、香港警察と香港特別行政区政府、そしてそのバックにいる中国政府に対して、強い憤りを覚えている。

あの事件で懲りた警察は、1日以降、発砲しなくなったが、それも一時的なことだろう」

――香港警務処のホームページによると、昨年4月30日現在で、正規警隊の人数は2万9268人、補助警隊が3060人となっている。これは水上警察や交通警官、婦警なども含めた人数で、実際に治安維持にあたる警察機動部隊は、常設大隊が1190人、訓練を受けた受訓大隊が340人、合わせて1530人しかいない。

わずかこれだけの人数で、香港島と九龍地区、それに新界地区の広範囲を警備できているのか?

「これはあくまでも噂の段階に過ぎないが、いま香港で言われているのは、すでに隣の深圳から、中国の武警(中国人民武装警察部隊)が入って来ていて、共同で警備しているということだ。10月1日の発砲事件の警官も、覆面していて顔が分からなかったが、中国から来た武警だったという説も出ている。

香港の警察は元来、制服の左肩に番号がついていて、番号で識別できることになっている。だがいまや、規則違反を犯して番号を外してしまっているので、識別がつかない。だが、われわれの母国語である広東語を介さない警官が出没しているという話は、最近よく聞くようになった」

記事をツイート 記事をシェア 記事をブックマーク
お知らせ
お問い合わせ
特定商取引法に基づく表記
現代ビジネス広告掲載について
マネー現代広告掲載について
コンテンツマーケティングについて
プライバシーポリシー
21edu オフィシャルウェブサイト