photo by Getty Images

「地球温暖化騒動」の「不都合な真実」に目を向けよう

得をしているのはいったい誰なのか?
シェア ツイート ブックマーク

地球温暖化と二酸化炭素の関係は不明

延々と続く「地球温暖化騒動」の中で、いつも混同されているのが次の2つのことである。

1)地球は温暖化しているのか? 寒冷化しているのか?
2) 地球が温暖化している場合、人類の文明が排出する二酸化炭素が主たる原因なのか?

 

まず、1)の地球が温暖化しているのか寒冷化しているのかについては、現在まで温暖化してきたという意見は間違いではないと思うが、将来温暖化が続くかどうかはまったくわからない。

人類最古の文明といわれる、トルコ・シャンルウルファに残された、ギョベクリ・テペの遺跡は紀元前1万年に完成し紀元前8000年に放棄された。つまり、紀元前3000年頃に上下エジプトを統一する王朝(エジプト第1王朝)が始まるはるか前の、今から1万2000年前に、人類は巨石で祭祀施設を建設できるほどの能力を獲得したのである。

古代史はロマンにあふれていて語りだしたらきりがないが、大事なのは、人類がそのような文明を創造できたのも、長い氷河期が終わったからだということだ。

すべてが凍り付くような極寒の環境では、豊饒な作物や多くの家畜によって豊かな文明を築くことなどできず、洞窟の中で寒さをしのぐのがやっとであったであろう。

つまり、現代文明は「地球温暖化」のおかげで誕生したといえるのだ。逆に、地球が寒冷化して氷河期に戻ったとしたら、人類滅亡とはいかなくても、原始時代の生活に戻る可能性は十分にある。

氷河期に戻れば、数十億人もの人口を養う作物や家畜を維持することなど不可能であるから、多くの人々が餓死するはずだ。

記事をツイート 記事をシェア 記事をブックマーク
お知らせ
お問い合わせ
特定商取引法に基づく表記
現代ビジネス広告掲載について
マネー現代広告掲載について
コンテンツマーケティングについて
プライバシーポリシー
21edu オフィシャルウェブサイト