Photo by gettyimages
# 自動車

大改革の東京モーターショー、注目すべき「これだけの理由」

脱・モーターショーは成功するか
シェア ツイート ブックマーク

来月初めの3連休に向けて、秋の行楽シーズンが本格化する。だが、消費増税の直後で財布の紐を締めたり、忙しくて長期休暇がとれず、これといったプランはないという読者は少なくないだろう。そんな読者にお奨めのイベントがある。「OPEN FUTURE」をテーマに掲げ、モーターショーからモビリティ・ショーへの脱皮を目指す「東京モーターショー2019」だ。

画像は公式サイトより

東京モーターショー2019は、近未来の日本の社会と交通インフラの体験学習になるだけでなく、最新のスポーツカーやオフロードカー、クルマ型・立ち乗り・座り乗り・車いす型の小型モビリティの試乗や、e-Motorsportsの世界選手権、子供の職業体験、など実に盛りだくさんの展示やプログラムが売り物だ。

しかも今回は高校生までが入場無料となったほか、大人も入場無料の「OPEN ROAD」を設置、選りすぐりのキッチンカーが集まる「グルメキングダム」も登場する。まず、食べ歩きをして、会場の様子を伺い、面白そうだと思ったらチケットを購入して有料エリアを観るという楽しみ方も可能だ。また、小さな子供も楽しめる趣向になっている。

今日は世界の自動車業界を取り巻く環境と、その中で東京モーターショー2019が注目される理由、そして、その楽しみ方をお届けしよう。

 

モビリティ・ショーへの脱皮

まずは、2年に1度開かれ、今回で46回目を数える東京モーターショーがなぜ今、モビリティ・ショーへの脱皮を目指しているのか考えてみたい。

モーターショーの世界ではここ数年、2つの大きな変化が起きている。

その第一は、世界的な国際モーターショーの退潮傾向だ。かつては、ドイツ、アメリカ、日本、スイス、フランスのモーターショーが「世界5大モーターショー」と呼ばれ、各国の自動車メーカーが競って参加、ここぞとばかり新型モデルを発表したものだ。だが、最近は自動車市場の成長ペースが鈍り、どこのモーターショーも海外メーカーの参加が減って小規模なローカルショーの色彩が濃くなっている。

記事をツイート 記事をシェア 記事をブックマーク
-->
お知らせ
お問い合わせ
特定商取引法に基づく表記
現代ビジネス広告掲載について
マネー現代広告掲載について
コンテンツマーケティングについて
プライバシーポリシー
21edu オフィシャルウェブサイト