水も食べ物もない…極限状況を生き抜くための「3・3・3の法則」

砂漠でのサバイバル術
シェア ツイート ブックマーク

太陽を反射して輝く砂が波のように連なる大地を、大きなラクダがゆっくりと優雅に歩いていく。古代から姿を変えずに広がる砂漠は、壮大なロマンを感じさせてくれる人気の旅先のひとつだ。でも万が一、砂漠でひとり迷子になってしまったら……!?

そんなまさかの状況に陥ったときは、科学の力で解決すべし。最低限を心得ているだけで、意外と役にたつかもしれない。世界中の美しく過酷な「砂漠」を特集したTRANSIT44号から、誌面の一部を紹介する。

イラスト:武田侑大

砂漠で生きるための「3・3・3」

気がついたら砂漠のど真ん中にひとり……。実際にそんな状況に陥る確率はごくごく低いとは思うが、最低限のサバイバル術は万が一の事態が起きたときにきっと役に立つはず。

砂漠に限らないが、サバイバルの世界には「3・3・3の法則」というものが存在する。これらは、生きるのに必要な基本的条件「呼吸・水分・食糧」の重要性を3つの時間を基に説いた、世界中の救助隊などで合言葉のように守られているものだ。

まず一つ目の3が意味するのは、基本中の基本、「空気がなければ“3分”しか生きられない」ということ。そして2つ目は、「水がなければ “3日”しか生きられない」。成人男性 は1日に最低1ℓ以上の水を必要とするが、砂漠では水分の摂取がとくに難しい。もし砂漠を水なしで長期間彷徨う可能性があるのなら、“3日”という期間を基準に自分の体の状態を見極めることが大切だ。ただし、発汗するとより多くの水分を欲するため、気温が高い砂漠の日中はできるだけ日陰でおとなしくして温存するのが得策だろう。

 

そして最後の3は、「食べ物がなければ“3週間”しか生きられない」ということ。たとえ水分が豊富にあっても、それだけでは体がもたない。とくにタンパク質や脂質は体を動かす エネルギーになるので、果物・植物や虫だけでなく、動物の肉を摂取するのがよい。ただし、毒をもつ動物もたくさんいるので、口にする前には注意すること。菌が多い皮膚を取りのぞいたり、火をしっかり通したりと対策は万全にしなければならない。

この法則には入っていないが、体温の保持も重要事項。35 度以下になると低体温症となり、26度以下になると意識を失って生命の危機に陥る。昼と夜の寒暖差が激しいことが多い 砂漠では、風を浴びないようにするなど注意が必要だ。

さて、ここからは具体的なサバイバル法について紹介したい。

#1 ここはどこ?方角がわからない

向かうべき方角がわからないときは、太陽に助けてもらおう。土に棒を立ててできた影の先端に印をつける。15分待ってから、動いてできた棒の影の先端にも印をつける。最初の印に左足、次の印に右足を置いてまっすぐ立つと、真正面が北! 棒がなければ、自分の影でトライしてみて。

#2 喉が渇いた。水が欲しい!

水分は植物の蒸散作用を利用して集めるべし。アカシアの木などの植物の枝にビニール袋をかぶせて、口を結んでひと晩待つと、蒸散しようとしていた水が袋に溜まる。または掘った穴に水分を含んだ植物や衣類と、水を溜める器を置き、穴全体をビニールで覆うと、同様に蒸発前の水を確保できる。

記事をツイート 記事をシェア 記事をブックマーク
お知らせ
お問い合わせ
特定商取引法に基づく表記
現代ビジネス広告掲載について
マネー現代広告掲載について
コンテンツマーケティングについて
プライバシーポリシー
21edu オフィシャルウェブサイト